2016年ご契約内容のお知らせ届きました

2016年ご契約内容のお知らせ届きました



郵便ポストに入っていた、
2016年ご契約内容のお知らせ。

生命保険会社からの、年に一度のお知らせでした。

24歳(1988年)に入った保険。
後2年4か月で、30年。
払込が満了になります。

保険の種類は、
定期保険付き終身保険。
当時、流行りのもの。
定期の倍率は低めで、
終身450万。定期部分は1750万。割増が1000万円でした。

簡単に内訳を書くと

主契約 終身保険  450万円  保険料2866円 終身
定期保険     1750万円  保険料6300円 2018年満了
災害割増特約    500万円  保険料 250円 2018年満了
障害特約      500万円  保険料 350円 2044年
災害入院特約   5000円   保険料 335円 2044年
疾病入院特約   5000円   保険料1400円 2044年
合計               保険料11501円

定期保険部分と災害割増部分は、後2年で終わります。
入院特約は80歳まで。

加入当時は、未婚でしたが、
18歳で入った保険の見直しでした。
保険料は5000円ちょっとから倍になったけど、
他の方から比べると、安いはず。

定期保険が切れる頃、下の娘が、大学を卒業するので、
途中で見直しは、しませんでした。

まあ、住宅ローンの団体信用保険に、
新たに、4000万円以上、加入したので、
見直しの必要はないはずです。

昔は、ローン金利に団体信用保険分として
0.3%と上乗せとかあったけど、
今はないみたいです。

金利、0.625%の中にあるとすると
半分近くが保険料になってしまいます。



1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。