定年までに3000万円

定年までに3000万円

50代の住み替えは、定年後の生活プラン
住宅ローンを含めて、考えながら行いました。

老後資金を貯める必要もあり、
住宅ローンの返済比率も20%程度に抑えながら、
完済年齢も72歳の20年ローンにしています。

マンションの家賃収入が入ってくるので、実質返済比率は15%
他にも色々あるので、実質負担は少なくなり、
定年までに3000万円貯めるのは、一つの目標です。
出来れば、5年くらいで目処をつけたいと思いますが。

2017年1月から、企業年金のあるサラリーマンでも
確定拠出年金が使えるようにになりました。

私の場合、月額12000が上限ですが。

それで、こんな本を買いました。


お金のプロに聞いてみた!
どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?

[ 坂下仁・宮大元 ]


確定拠出年金の主な特徴
・毎月一定額を積み立てて、引き出すのは60歳以上
・利息や配当金などには税金がかからない
・積立額は経費とみなされて、所得税と住民税が少なくなる
・受け取り時には、退職所得控除や公的年金等控除が適用になる

注意点
・銀行・証券会社に支払う
運営管理手数料+口座維持手数料
投資信託の手数料は、ピンキリ。

私の場合、年齢が50歳を超えているので、
60歳で直ぐに引き出せませんが、10年経過後くらいで
引き出すことが可能です。
もう少し長くも運用出来そうです。
税金のメリットだけでも、4万円くらいありそうです。
後は手数料に気をつけながら進めて行きます。

手数料が低いのはネット証券系で
楽天証券がお勧めとのことでした。

この本で「お金の定理」が書かれています

その1 正しく分散するとお金は安全に増える
その2 手数料と税金は少ないほどお金が減りにくい
その3 福利で運用るとお金の増え方が加速する





電子書籍版

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。