2025年問題

2025年問題

2025年、団塊世代が75歳を超えて後期高齢者に。
国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上。
人類が経験したことのない、『超・超高齢社会』

高齢化だけでなく、人口減少も進み、
今後10年間で700万人減ります。

東京オリンピックが終わった後、現在と同水準の人口を維持出来るのは、
東京・神奈川・千葉・埼玉、愛知、沖縄、滋賀のみ。
東北や中四国の各県は、1割以上の人口の減少です。

社会保障制度の維持が難しくなり、不動産投資が成り立たなくなる。
家を売りたくても、買い手がいなくなる状況が訪れます。

日本人の所得の低下と金利の上昇、
今までのライフプランが成り立たない可能性が高くなります。

この記事では、『現金』が強くなると書かれていて、
換金性の悪い、不動産や生命保険に投資しないほうが良い。
と書かれていますが、
人生設計で、強い味方になるのは、投資だと書かれています。
株式投資や為替投資を真剣に学ぶ必要があると
書かれていますが、
生命保険会社も、株式や為替に投資しています。
個人が実践するより、はるかに高いレベルで。

個人が、これから学ぶことで、追いつくような
問題ではない気がします。

1つのカテゴリーの投資では無く、
実物資産を交えた投資。

高齢化社会は、長くゆっくり進んでい行くので、
時間を見方につけて、投資・運用していくことになります。

65歳よりも、75歳をターゲットにした、
資産運用が必要になる可能性が増えてきます。

65歳の時点よりも、75歳の時のほうが、
お金が必要になる社会がやって来る可能性があります。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。