建売住宅購入のポイント

建売住宅購入のポイント



建売住宅のイメージはどうでしょうか??
最近、近所で見た、建売住宅は、
道路付けが大事だなと、思っています。
ぎりぎりまで、敷地面積を削って、価格を抑えている物件が多いです。
南道路以外は、手を出さない方が良いと思います。

北道路の旗竿地などは、中古になってしまったら、
値段を下げても売れない可能性があります。

この本では、良質な分譲地での建売住宅を進めています。
建売住宅の高額物件。
区画割りに配慮をしている、分譲地の物件は
住環境がとても良いです。
南側住宅の隣地との距離を制限したり、
一部下屋にして、陽当り、圧迫感を減少させるなどの配慮があります。

私が前に住んでいた分譲地は、建売ではなく売建て区画でした。
建売と注文住宅の良いところ取り。

この本では、注文住宅は高くなると書いてありますが、
総二階のコストプランニングをすることで、
建売住宅より、建築費を落とすことも可能です。
キッチン等はまとめて購入するものに、負けてしまいますが、
実用的なものを選べは、価格差は小さくなります。

新築で選ぶのなら、同時期に住宅が建つ、
新しい分譲地がお勧めです。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。