収益不動産物件

収益不動産物件



預金がいくらあってもお金の不安が消えないのはなぜ??

預金が減るのが怖くて使えない人もいます。

新たに、収入が振り込まれてくる。
家賃収入が毎月入ってくる不動産収入があると、
お金は使いやすいそうです。

サラーリーマン生活が終わった後でも、
年金収入だけでなく、
家賃収入や
昨日持株会の事で書いた、株式の配当収入。

配当収入は、半期に一度ですが、
決算期の違う株式を持っていれば、
回数を増やすことが出来ます。


収益不動産物件は、借り入れを起こすことで、
レバレッジを掛けて、増やすことも出来ます。

空き家が多くなる、今後を見ていると、
リスクは高くなると感じています。

60歳くらいまでにローンが終わる物件で、
収益不動産を増やす方法もあります。
ローンと減価償却は費用になりますが、
資金繰り的には、苦しくなる可能性もあります。

最初に住んでいたマンションのローンが終わり、
収益不動産案件として、キャッシュフローがプラスになりました。

少し、頭金を貯めてから、次の物件にチャレンジするのも、
金の卵を産むニワトリを増やすことになりそうです。



1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。