二世帯住宅での所得税のメリット

二世帯住宅での所得税のメリット

ふるさと納税を年末駆け込みで利用したいと考えて
限度額の計算をしました。

ふるさと納税の目安 
簡易シュミレーション 
源泉徴収票・確定申告書を使った詳細シュミレーション


ふるさと納税の目安 簡易シュミレーション 源泉徴収票・確定申告書を使った詳細シュミレーション

今年は、住宅取得控除を
確定申告で行う必要があります。

中古住宅の取得なので、上限は20万円まで。
住宅譲渡所得の3000万控除を使わないようにします。

ざっくりとした、計算で13万円くらいでした。

その時に気づいたのが扶養控除です。

配偶者控除は 38万円ですが
特定扶養親族は63万円(19歳以上23歳未満)
老人扶養親族は58万円

親世帯と同居したことで、
税額は23万円程所得税が少なくなります。

今ままで、嫁と家族が
嫁の実家に同居していたので、仕送りしていましたが、
税額のメリットは受けていませんでした。
同居することで、要件の成立に問題がないので、
今回の年末調整で申告しました。

光熱費、公共料金、
電話・NHK等の料金のメリットがあると思っていましたが

所得税・住民税のメリットも
思っていた以上にあるようです。
 

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。