雨の降る日曜は幸福について考えよう

雨の降る日曜は幸福について考えよう




橘玲さんの書籍、雨の降る日曜は幸福について考えようには
「マイホームという名の危険な投資」というタイトルで書かれた記述があります。

5000万円のマイホームを購入するのに、
自己資金1000万円で、残り4000万円の住宅ローンを借りるのは、
全財産100万円に加えて、400万円の借り入れをして、
一つの銘柄の株式に投資するのと、資産運用理論からすれば同じこと、
あります。

私も考えた方としては、近いものがあり、
持ち家投資が全てでは無く、
他の不動産にも、常に分散させていますし、
株式をはじめ
ほかの資産にも分散させています。

不動産投資は、借り入れのレバレッジは最大限活用しています。

今回、購入した二世帯住宅は、諸費用分も含め
全額借り入れのフルレバレッジです。
その理由は借入金が安く、住宅取得控除が使えるので
金利負担がほとんどないからです。

自己資金部分は、株式投資として残している部分と、
リスク分散のため、都心部のワンルームマンションの投資諸費用に充てています。

郊外部の自宅投資だけでは、値下がりリスクが大きいので、
地域分散をさせています。
都心部のワンルームマンションも、地域を分散させて、
築年月も10年以内のもと、築25年で値下がりリスクの小さいものと
半分くらいずつ、物件を分けて購入をしています。

資産のストックが充分でない時期は、
自宅物件の土地の値下がりリスクを減らすため、
所有権価格の15%が保証金の定期借地権付き住宅を購入しています。

自宅を購入、マイホームを持つことは、
経済活動的に、不動産投資です。

住宅ローンで、レバレッジを掛けていますので、
リスクを分散させることが重要になります。

今後、得ること出来る収入も考えながら、
投資である、自宅に掛ける費用を考える必要があります。

私は、給与収入の20%で、25年返済を目安に考えています。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。