内覧時の収納の見せ方

建物内覧時の収納スペース

内覧時の収納の見せ方
きっちりと、整理・整頓はされている雰囲気。
荷物は出来る限り少なく見える方が良い。








トランクルームを利用して、荷物を一時保管させた事例

写真は、2メートルサイズの可動収納ヴァリエス。

建物内覧時には、開けて見るお客様が多い部分です。

洋服の収納は、イメージしやすいように、掛けてありますが
枕棚部分は、季節用品を入れていたので、
すっきりと魅せる為、トランクルームに収納しました。

この部分まで、ぎっしり荷物が詰まっていると、
収納スペースに余裕が無いのかなと
思われてしまいます。

片付け過ぎずに、魅せる工夫。
トランクルームを使って、季節物の用品は
別の場所に保管させることで、

来訪者のイメージアップを考えています。

50000円の保管費用で、
建物が50万円高く、売ることができれば
もしくは、早く売却出来て安心できる。

住宅を売却している方には、使って欲しいテクニックです。

トランクルームなら

ハローストレージ



1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。