中古住宅の売却と設備の更新時期

中古住宅の売却と設備の更新時期

中古住宅の販売をする時、
インターネット上で集客するのが主流になっています。

地域を特定して、チラシを撒く事例もありますが、
チラシは売却希望者を募集する場合が多くなっています。

集客する上で、重要になるのは、
売出価格です。

間取り、築年数、駅から距離、住環境。
その他、色々な要素がありますが、売出価格は
似たような物件が並んでいる中では、重要になってきます。

仲介会社の査定金額を参考に売出価格を決めますが、
リフォーム・設備等の更新をしていない場合、
購入者が、どのくらい初期費用がかかるが重要になってきます。

また、入居・引き渡しまでに、
掛かる費用
(鍵の交換・クリーニング
も、明確にして伝える必要があります。

わが家の売却の場合で、
気がついた設備関係の更新時期と状況

給湯器 交換済(一年前)25万
エアコン  マルチのため60万
(吹き抜けリビングの為、少し高め)
インターホン  3万円
浴室換気扇   2万円
浴室水栓金具  4万円
電動シャツター 3万円
防蟻処理    20万円
照明器具    2万円
食洗機     15万円

プラスアルファー部分
フロアマニキュア  20万円
キッチン改装    ブランによる
洗面所改装     15万~20万
トイレ改装     設備による

外部、外回り
ウッドデッキメンテナンス・撤去  10万円
庭木の伐採・整理         5万円

築年数が、10年までなら、
気にしなくても、良い項目ですが、

築15年~25年の中古住宅売却は、
とても、重要になってきます。

購入された方がいつ頃行うは、
わかりませんが、
設備によっては、待った無しで発生します。

この負担比率、負担割合が
最終的な売却金額だったり、
売主が負担する費用として発生します。

売却される方は、
住宅ローンの返済もあると思います。

資金計画、売却決断をする時の参考にしてください。



1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。