登記費用と仲介手数料

登記費用と仲介手数料

登記費用の明細をいただきました。

定期借地権付き住宅の費用は、
先に二世帯住宅へ引っ越したことによる
変更登記の費用が余分に掛かってしまいました。

所有権登記名義人表示変更 7000円 登録免許税1000円
賃借権登記名義人表示変更 7000円 登録免許税1000円

合計金額、44,864円のうち、上記16000円は、
同時期に売買決済が出来れば、掛からない費用です。

マンションの抹消登記費用 27,556円
所有権登記名義人表示変更 8000円 登録免許税2000円
抵当権抹消        9400円 登録免許税2000円
登記簿謄本         800円 登録免許税 600円

合わせると、72,420円
諸費用は、思っている以上に掛かってしまうものです。

仲介手数料は 204,120円
契約時に半分払っています。

定期借地権付き住宅の場合、
保証金には、仲介手数料は掛かっていません
所有権だと2400万円の土地なので、78万円近く安いことになります。
(その分、二世帯住宅で仲介手数料は払っています)

住み替えには、費用が掛かります。
所有権で約4000万円の物件を売って・買えば
約250万円の仲介手数料が掛かります。

引っ越し費用、ローンの諸費用。
戻ってくる分もありますが、
登記費用などは、両方で掛かってきます。

賃貸の住み替えよりは、費用が掛かるのが現実です。

それでも、今回の住み替えは、メリットが充分あったと思っています。
掛かる費用を抑えることが出来たポイントもあります。

27日の決済が終わった後で、
事前に予想していたこと、
予定外のこと

住み替えを実行するポイントをまとめて行きたいと思います。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。