平均土地面積266平方メートル

平均土地面積266平方メートル

56区画の1区辺りの面積です。
最低が200平方メートルと決められています。
(とちの分割が出来ないように)

200平方メートルを超えて、266平方メートルに近づいて行くと
敷地の余裕度が違ってきます。

二世帯住宅ではない場合、その敷地の余裕は
そのまま、庭の広さにつながって行きます。

南道路でなく、北道路や西道路でも、日当たりが
充分に確保出来るようになるメリットがあります。

隣地の建物との距離も離れます。

わが家の場合、
カーポート位置が予め決められていたこともあり、
建物配置がおおよそ、予想がついていました。

東側の建物とは、6.5メートル
西側の建物とは、4.5メートル
南側の建物とは、5.5メートル(斜めに建てっていて一番短い距離)

所有権分譲では、
ここまでの広さで分割することが出来ず、
180平方メートルくらいで、分譲されていたのではないでしょうか。

300平方メートル超えも14区画あります。

所有権で土地分譲をしていた場合、1900万~4800万
平均3000万円くらいで分譲だったと思います。

この価格帯で、分譲計画が成り立ったかどうか???

定期借地権ならではの分譲であったと思います。


1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。