定期借地権の譲渡

定期借地権の譲渡

UR都市機構に確認したところ、下記のような指示をいただきました。

賃借権の譲渡については、
建物を建設し、定期借地権設定契約を履行していること。
賃借人の事情をやむを得ないと当機構が認める場合、承諾する。

譲渡理由については、UR都市機構に事前に相談する必要があります。

手続きにあたり、所有権の譲渡に比べ注意点があるそうです。

定期借地権の譲渡の注意点


・建物も同時に同一人へ承継するひつようがあります。
・保証金変換請求権も定期借地権と同一人へ譲渡する旨を定期借地権売買契約に明記する。
・定期借地権の売買契約をUR都市機構の承認前に締結する場合は、UR都市機構の承諾が得られない場合は、当該売買契約は白紙撤回する特約をつける。
・借地契約終了時、現状回復がどこまでか、新たな譲受人に周知する。
・保証金を、一旦返金することはありません。
・公正証書の追加作成費用が必要になる場合がある。
・賃借権の移転登記は、賃借人及び借地譲受人に行っていただきます。
・借地権譲受人が金融機関の譲渡により、定期借地権または保証金変換請求権に質権を設定する場合、事前にUR都市機構への申請承認が必要です。
・定期借地権の保証金及び賃料プランの変更はできません。
(定期借地権譲渡承諾の前後にに保証金の増額を行うことは可能です。)
・定期借地権の譲渡と同時に、土地を買取ることもできます。


注意点を書き並べて見ました。
特別な事は、特にないです。

文章は難しいですが、
言っていることは、簡単なことです。
建物権利関係と定期借地権は同一人に譲渡。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。