契約締結前の交渉の内容

契約締結前の交渉の内容

仲介契約の場合、現況渡しが原則ですが、
建物に付属する設備の状況。
庭の状況等
残置物や設備の修理範囲等
相談・交渉事が多くありました。

価格について
値引き要求 50万円の減額要請 ⇒ (承諾)

お互いの不動産会社の立場もあるので、想定範囲内でした。
条件として、家のメンテナンス部分は、全て無しが条件

付帯設備等の件
一部解体していましが、ウッドデッキの撤去 売主手配  ⇒やんわり拒絶

費用の件で言えば、6万円から10万円くらいで
排気処分業者にお願い出来ます。

壊す範囲と、その後庭をどうするか・・・
買主さん次第なので、これは買主さん負担お願いすることに。

私が手配すると
現地で半日立ち会う必要があるのも、ネックでした。

これは、買主さんに承諾してもらいました。

残置物について
売却する上で、あった方が見栄えが良いと思い、
担当者と打ち合わせで残し置いたもの。

カーテン類
1階ダイニングはロールスクリーン
1階リビングは高さ2400、幅2000のカーテン
1階洋室は高さ2400、幅2000のカーテン
2階主寝室側 カーテン3箇所(お揃い)
破風サッシのブラインド(若干難あり)
2階子供室 カーテン3箇所(お揃い)

照明器具
子供室照明器具
寝室照明器具(カバー無し)
リビング照明

玄関周りの絵画と雑貨


こちらは、後で買い換えるとしても
入居時に付いていると便利なものです。

販売の開始時は
ソファーセットも値引き対策用の備品でした。

最初の内覧の方も気に入って、
すぐに欲しいと言われましたが、
置いてあれば、きっと欲しいと言われたと思います。

二世帯住宅を購入したので、
今の1階リビングに置いてあります。


 
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。