物件単価は高いほうが良いのか

物件単価は高いほうが良いのか

利回りが高い場合、物件単価が高い方が、
収益が大きくなります。
固定費や諸費用も、金額にかかわらず、
一定の金額が掛かるものが多いです。

物件取得時の登記手数料
ローン事務手数料、
契約書印紙代、金消印紙代等

物件金額には、大きく影響されない
費用が多いのも事実です。

経費の面から考えると、
家賃が高く、物件価格が高い物件の方が有利です。

家賃が高くなると、空室リスクは上がります。
10万円を超えると、リスクは高くなります。

少し、先を見越して
26年返済、2000万円 1.85%で借りると
月々の元金の減少は、約5万円。年間60万円。

利回りだけでく、
家賃の下落リスクを考えると、
物件金額が安く、家賃が低い物件にも魅力はあります。
今後の家賃下落リスクが低く、
元金が少なくなるのが早いです。
繰り上げ返済の効果も高くなります。

物件は、いろんなタイプを購入して、
実際に返済しながら考えてみる必要があると感じています。




1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。