減価償却費の計算式

減価償却費の計算式

不動産販売会社の新人クン。
息子と多分、同じ年。

購入を勧めてくれる物件の減価償却の金額を
メールで教えてくれました。

建物価格 5,503,500円

減価償却 躯体 63,586円
     設備275,815円

とのメールがあり、
折り返し、償却期間の確認をしました。

躯体28年 設備3年との回答

設備は、15年過ぎているので、3年の償却はわかりました。

28年の躯体は 1,780,408円(28年間)
金額がおかしい。47年で割っているような数字でした。

確認したところ、やはりそんな感じで、28年だと 106,733円とのこと

建築時期を再確認したところ
平成10年築の築19年

単純に 47年-19年で 28年の償却期間と報告してきたようで、

28年では無く、32年か33ではと、再度確認したところ
32年で 93,391円の回答がありました。


金利は264,000円
3年過ぎたあたりでは、24万円くらい。

収入が764,160円
固定資産税 50,000円

設備の償却が終わると 38万円くらい課税されます。
この税金で7万6千円。

設備がある時は、2万~3万の課税で済みますが、
正直、キャシュフローが出ないなかで、
税金が取られるのは、厳しいです。

300万円くらい入れると、キャシュフローがプラスになりますが、
27年後に残るのは、
19年+27年の築46年の物件になります。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。