最初に買ったマンションとの不動産所得の申告

最初に買ったマンションとの不動産所得の申告

ふるさと納税、住宅取得控除の次の申告は

不動産所得の申告です。

賃料収入 840,000円 賃料7万円×12ヶ月

経費
減価償却費 505,640円
租税公課   90,100円
管理費等  253,800円
不動産会社  47.952円

経費小計  897,492円

不動産会社に払う管理費用の前で赤字になります。
減価償却費は、支払いが発生しないので、
手元に残る費用です。

金利分が今年で最後ですが、17,754円

減価償却は 47年の定額法。
今25年なので、後22年間償却出来ます。

建物の金額が土地の金額より、
多いほうが、償却割合が多くなります。

定期借地権付き住宅の場合も、
建物の比率は高いです。
支払い地代も経費になります。

効率の良い、投資とは言えませんが、
手残り分があるので、しばらく保有するつもりでいます。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。