低金利時代の不動産投資



低金利時代の不動産投資

重吉勉社長の本、新刊を購入しました。
2017年1月に書かれている本です。

具体例が、今の不動産投資利回りと金利が一致しています。

過去の事例との違いを見てくると、
実質利回りは少し下がっているもの、
借入金の金利は1%台に下がっています。

繰り上げ返済が出来ない時期も、返済の進み方が大きくなっています。

金利を払った後の利回りが2%以上ある状態なので、
ローンを利用した状態でも、プラスで運営出来ます。

税金や入れ替え時の費用は持ち出しになる可能性はありますが、
サラリーマンに取って、運営しやすい環境です。

繰り上げ返済が、肝になる投資方法です。
ほったらかしでは、あまりメリットが出ない形です。

物件の戸数を多くするより、自己資金の比率を後から上げていくことで、
収支を改善していくことで、よりリスクを減らしていく、運営方法です。
今の手持ち現金が少なくても、
キャッシュフローが普段の生活から出るなら、
繰り上げ返済がどんどん有効になる投資方法です。
期間短縮で、早く完済する方法。
支払い額減額で、物件からのキャシュフローを改善させる方法。

どちらを選んでも、リスクを減らすことが出来ます。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。