ローンの金利差は、直接手取り金額に影響します。

ローンの金利差は、直接手取り金額に影響します

決済時期の関係(月内決済が条件)
ソニー銀行が使えず、オリックス銀行が指定されている収益不動産。
自己資金を2割以上入れることで、0.1%金利優遇があります。
物件金額が、同じくらい家賃が取れる物件に比べて、210万円安い
1630万円。2割は326万円。
1840万円だと368万円なので、42万円違ってきます。
0.1%の金利差は、月1000円程度です。

物件価格が安いのは、管理費と積立金が高い為。
家賃 79,000
管理費 8,950
修繕積立金7,100
代行費用 3,240
月々手取り59,710
年間手取り716,520


家賃 77,000
管理費 6,600
修繕積立金 1,200
代行費用 3,240
月々手取り 65,960
年間手取り 791,520

家賃が2000円高いのに
手取りが月6000円以上安くなるためです。
(他の不動産会社のサイトを見ると、7100の積立金が1000円と
書いてあるサイトもあります)

この管理会社の物件は、
仲介会社より、高い物件が多いのですが、
手取り金額が利回りを計算して、販売金額を出しているので、
手取りが少なくなる分、販売価格が安く、
他の不動産会社より、100万円安いです。
仲介手数料も掛からないので、プラス62万円費用が掛かりません。


自己資金2割の優遇金利を使うと、ソニー銀行との差は、0.1%の差になります。
月々の手取りが1000円減る計算になります。

提携条件により、
繰り上げ返済の利便性が大幅に劣りますが、
ペナルティー無しで、出来るようです。

ソニー銀行は1万円からに対して、オリックス銀行は50万円からです。
毎月、繰り上げ返済するのに対して、
3ヶ月に一度、繰り上げ返済するイメージになります。

銀行の使い勝手を理解していないのが、少し辛いですが、
物件の条件は良いのです。
後は、角部屋で、少し広い事。
その分、管理費と積立金が高いです。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。