65歳以降も住宅ローン返済が続く人

65歳以降も住宅ローン返済が続く人

定年退職後のプランを考えると、住宅ローンは65歳で
支払いが終わっていることが、望ましいです。

『35年返済』を選んでしまうと、30歳までに購入しないと、
繰り上げ返済で期間短縮しない限り、ローンが残ってしまいます。

私の場合ですが、
最初のマンションローンは25年で52歳で完済。
次の定期借地権付き住宅は25年返済で、62歳完済予定でしたが
途中で売却しました。

今回、52歳で購入した二世帯住宅は、
銀行からは27年ローンを進められましたが、
20年ローンで72歳完済予定です。

ただ、この返済は
最初のマンシヨンの家賃収入で返しているので、
負担は、ほぼ無い状況です。

最初に購入したマンションを25年返済、
52歳で完済したことにより、
65歳以降も続くローンですが、負担は少ない状況です。

親との同居の必要が無くなれば、ダウンサイジングする予定です。


都心部のマンションが人気ですが、金利が低いこともあり、35年返済で、
5000万円~7000万円くらい借りている方も多いようです。

年収が増えてからのほうが借りやすいので、
35歳~45歳で、35年返済で借りている方も多いです。

立地が良く、資産性も高いと言われていますが、
買えるひとが少なくなれば、値段は下がります。

金利が高くなることで、
これから購入したいと思う若い世代の住宅取得能力が落ちると、
都心部のマンションを購入出来る人が少なくなります。

自分の支払いも金利が上がると負担を増しますが、
それ以上に、購入したマンションを売却しにくくなります。

私が購入していた時代は
金利が高かったこともあり、
サラーリーマンが買える物件は5000万円までのイメージでした。

今回、4000万円近い、中古の二世帯住宅を買いましたが、
負担が大きい買い物だと思っていました。

最初のマンションは3300万円。次の定期借地権は2880万円。
自分で買える金額は、3000万円程度と考えていました。

湾岸地域のタワーマンションを購入する度胸はありません。

自分が買える、支払えることを前提としての購入では無く、
5年後・10年後、購入できる人は、どのくらいいるのか??

私は、住み替えをしているので、
10年後の売却の値段を考えながら、購入を検討しています。

価格がある程度下がれば、『買いたいと思う人がいる』

この考え方で、戸建て中古住宅を購入しています。
広い二世帯住宅が3000万円を少し超えるくらいで買えたら
どうでしょうか??

高い二世帯住宅は変えなくても、
安ければ親と同居するための家を買いたい人はいると考えています。

65歳以降も続くローンを払い続ける未来より、
安い戸建て中古住宅を選ぶのも、
100年時代を生きる上では、大切なことかも知れません。

住宅に必要以上にお金を掛けると、資産は残ったとしても、
売却・住み替えしない限り、現金を手にすることは難しいです。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。