50歳を過ぎてからの住宅購入・住み替え

50歳を過ぎてからの住宅購入・住み替え

ローンの完済年齢は79歳まで金融期間が多いです。
35年返済は、組めないですが、
20年~29年のローンを組むことが出来ます。

年収が高くなっているので、ローンの審査は通りやすいですが、
60歳以降、特に65歳以降は、
返済を継続するのは、難しくなります。

退職金で繰り上げ返済する方法もありますが、
出れば、60歳くらいまでに、一部繰上げ返済をして、
月々の支払金額を減らすことも必要ですし、
少し小さな住宅への住み替えが必要になります。

私は、10年後の住み替えを前提に資金計画をしています。

土地の値段がほぼ変わらないと言う前提で、
新築時の建物金額 4000万円
購入時築10年時 2000万円
売却時築20年時 1000万円
ローンの残額は、土地代金を除くと、300万円。

建物が1000万円では、売れるのではと思っています。
20年の段階では、設備の更新は必要ですが、
後20年から30年は、住むことが可能です。
180平方メートルの二世帯住宅なので、
建物の値段が安くなれば、購入出来る方は増えるはずです。

手元資金は少ないですが、
次に住む場所の費用に当てたいと考えています。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。