2022年生産緑地指定解除

2022年生産緑地指定解除

新たな大量の住宅用地が生まれると言われているのが、
都市圏にある生産緑地です。

1991年3月に生産緑地法が改正され、
生産緑地として指定された農地では、
固定資産税が低い税額、相続税の猶予などが適用されましたが、
30年間の営農義務が課せられました。

宅地並みに課税された農地は、戸建て住宅の用地やマンション用地として
売却されたり、地主が経営する賃貸住宅に替わりました。

30年の時間の流れで、
生産緑地の営農者の高齢化は進み、後継者のいないところでは、
転用が加速する可能性があります。

東京都世田谷区では、540地区
東京都練馬区では、676地区をはじめ
東京都全体では、11区26市町村で
11688地区、約3330ヘクタールあります。

首都圏で次に多いのは、神奈川県の19市町村
8962地区、約1400ヘクタール
埼玉県の37市町村
7257地区、1800ヘクタール
千葉県の22市町村
4196地区、1200ヘクタールです。

妻の実家の隣接地は生産緑地に指定されています。
住んでいた30年間は、変わらず畑のままでした。
南側に広がる農地のおかげで陽当りは良く
2階バルコニーからの見晴らしは良かったです。

JRの最寄り駅から徒歩で15分の距離なので、
宅地に変わったり、分所マンションに変わる
可能性もあります。

今住んでいる二世帯住宅の周りは、
元々、梨農家の方が多く、
目の前の家も、住宅地図を見ると
梨園だったようです。
今はアパートに変わっています

東京都23区の内、生産緑地地区が存在するのは、
世田谷区、葛飾区、江戸川区、中野区、板橋区、杉並区、
目黒区、大田区、北区、目黒区、練馬区の11区です。


1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。