2020年省エネ基準適用義務化

2020年省エネ基準適用義務化

日経ビジネスの記事に
戸建て、供給続く省エネ「基準未満」

2020年から、既存の建築物にも国の省エネルギー基準への
適合が義務化されます。
義務化されると、基準に満たない建物には、
建築確認が下りなくなります。


2年先、3年先と、
長い期間使用する住宅なのですが、
基準に満たない物件の供給が続いているようです。

売却した、15年前に建築した、定期借地権付住宅は
この基準を満たす仕様に、
断熱性能を変更していました。

今回購入した、築10年の二世帯住宅は、
性能評価を取得しています。
最高ランクの省エネルギー対策等級4を取得しています

基準をクリアしていない住宅の
中古価格にとってマイナス要因となります。
居住者にとっては、
断熱性能、省エネ性能が低い分、
光熱費が割高になります。

初期のコストが安くても、長期的にみると
ランニングコストが高くなります。

建築コストの増額は、
基本仕様により変わりますが、
標準的な建物で数十万円。


耐震等級、劣化対策等級とならび、
住宅性能表示制度では、重要な基準です。

資産価値のある物件に住み替える時には、
確実にチェックしたい項目です。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。