10年後の再売却時の価格を推測する

10年後の再売却時の価格を推測する

この20年間の流れを引き続いていく10年後。
金利はあまり上がらず、物価の水準は変わらない。

公的負担は増え続くが、給料は上がらない。
地価は緩やかな下落が続く。

子供が、結婚しているしていないは別にして、
親との同居、近居は、今後増えていくと予想しています。

結婚した場合も共稼ぎ世帯が増えているので、
親の手助けが欲しい方も多く、
逆に介護が必要なお痩せたいも増えてきます。

高い2世帯住宅は、手に入れることは出来ないが、
中古で広い2世帯住宅の需要は、今後増えると考えています。

そこそこ、お金を持っている親世帯は、
10年後には、増えていると思います。

10年後は、介護の必要な年齢ではありませんが、
20年後は、完全に介護される側に立場が変わります。

子供世帯と一緒に住めるのは、安心だと思います。

築10年で買った物件は、
10年後は築20年、20年後は築30年です。

価格はこなれて行きますが、家の広さ、土地の広さは変わりません。

築10年の時点では、
付近の単世帯の住宅より、1000万円以上高い価格でしたが、
10年後は価格差が半分の500万円くらい。
売りやすくなっているのではと考えています。
ローンの残債は、金利が安いので、
10年間で2000万円くらい返済になります。

建物金額分は、ほぼ払ってしまう計算です。

スムストック査定方式で計算すると、
10年後の建物減額はおおよそ700万円くらい。

土地の値段が変わらないとすると、3000万円から3200万円で
売却出来る計算です。

売却すると次の物件の頭金くらいになる計算です。
ただし、60歳を過ぎると、ローンを組むのが
難しくなる可能性が高くなります。

今貸しているマンションに戻るのも、選択肢の一つです。

アクアラインがあるので、
都内へは以外と早く付く場所です。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。