頭金を入れるのか

頭金を入れるのか

住宅を購入する時は、頭金を用意します。

私の考え方は、
頭金部分として、貯金をすることで、頭金相当額の
現金は用意しますが、出来れば使わずに、
返済の準備資金として、口座に置いて起きます。

ローンの金利が低い時には、両建てとして置いて起きます。

物件総額、4200万円の物件を購入する場合、
ローンが実行されるまでの、
契約手付金や、仲介手数料の半金は、一旦現金で立替えます。
その後、諸費用込みのフルローンで、払った現金は、
預金口座に戻します。

今回の二世帯住宅住み替えは、
引越費用・エアコン・カーテン・照明器具の費用。
フロアマニキュアの費用等、
銀行が承認してくれた費用全てローンです。
領収書は全て提出しています。

今回は、物件購入費用以外に、
マンションのローンの完済
教育ローンの完済等、
一時期、ダフルローンになるため、
他のローンを消し、
住宅ローン2本だが残る形になりました。

手元資金は、他の借入の完済に使った形です。
物件に自己資金を入れてしまうと、
他の完済資金に使うことが出来ません。

引越し費用などは、諸費用分として、融資してもらえない
可能性も高いです。

最終的には、ローンで賄えたとしても
手元資金がないと、住み替えが出来ないのも事実です。

次の住み替えを実行するためにも、
自己資金は、厚く手元に残しています。

手元資金は、現金でなくても大丈夫です。
流動性の高い株式でも、現金化は早いです。

売却を伴う、住み替えを行う場合、
売却した代金が残債より多く入る場合でも、
決済が終わるまで、その資金を使うことが出来ません。

例えば、1000万円、残債より、売却が上回る場合でも、
決済が終わるまで、その1000万円は支払いに使えません。

頭金が入っていないので、
500万円しか、手元に入らない場合でも、
手元に500万円残っていれば、
住み替えに掛かる費用を先に払うことが出来ます。

また、売却が後になっても、
手元資金で、先に住み替え先に引越しすることも可能です。

ローンの返済により、残高が減ることで、
残債と売却差額が大きくなる可能性があります。
返済が追いつかないと、残債が多い場合もあります。
手元資金があれば、残債が多くても、売却出来ます。

借入金額を少なくしたくて、
頭金を入れたくなりますが、借入が可能であれば、
手元に残して置くことで、
次の住み替えプランが立てやすくなります。

前回、定期借地権付き住宅を購入した時も、
自己資金部分は必要最小限にしています。

住み替えは、諸費用を含め、
お金が必要になります。

借入出来る部分は、利用して、
手元資金を厚くして起きます。
予備費的な部分を手元資金で出すことで、
予期しない出費に備えることも出来ます。

売却物件の決済が遅れれば、一時期2重ローンになります。
そんな時でも、手元資金が豊富であれば、慌てずに済みます。


1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。