築10年と築15年の中古住宅の違い

築10年と築15年の中古住宅の違い

新築で住んでいた住宅を築15年で売却して、築10年の中古住宅を購入しました。
引っ越しが終わってから、1年半。
築10年の中古住宅も築12年目を迎えています。

築年数が5年違うのですが、以外とこの差は大きいのです。
同じメーカーの住宅ですが、細かな仕様の違いもあります。

屋根材・外壁材はかなり違いがあり、今後のメンテナンスが変わってきます。

築15年の住宅は、
・給湯器は既に交換済
・浴室建具、シャワーホース等はメンテナンス済
・浴室換気扇は交換時期
・水栓金具は交換時期
・マルチエアコンは交換時期
・バーチカルブラインドは、作動不良
・ウッドデッキは交換時期
・玄関前インターロッキングは経年劣化
・インターホンは交換時期

主に、設備関係
電気製品の交換時期が近づいていました。
家の外の部分の劣化は進んでいて、
ウッドデッキを始めとする庭の設備や木々は手入れや
大きく改装する時期に来ていました。
特に玄関前のインターロッキングは、経年劣化が目立ちました。


外壁についても、チョーキングが発生していました。
同時期に建てた、近隣の住宅は塗装工事が始まっていました。

築15年から築20年が、一番お金がかかる時期だと思います。

築10年で購入した住宅は、
少し住んでいない時期があったため、
エコキュートの部品交換が必要でした。
外回りは、外構のフェンス、シャツターボックス、物置
駐車場の土間の劣化が進んでいました。

細かな経年劣化はありますが、
大きなダメージを受けているところはありません。
築15年になる頃までは、メンテナンスの必要性は低いと感じています。

スムストックという、中古住宅の取引制度を利用していますが、
計算式では、内装の償却期間を15年で計算しています。
築15年までは、償却スピードが早く価格の低下が早いのです。
15年を過ぎると、価格低下のスピードはゆっくりになりますが、
設備機器のメンテナンス時期なので、
購入時点で修復するか、以後のメンテナンス必要を余分に見る必要があります。

買ってから、すぐにお金が掛からないのが築10年前後で、
お金が掛かるのが築15年から築20年の建物になります。

基本性能が良いので、長く住める住宅ですが、
購入する時期の違いは、意外と大きいのです。

価格差も違ってくる部分なので、注意が必要なところです。

購入した築10年の住宅は、大半のエアコンを売り主が外していたため、
各居室、リビングにエアコンを新設しました。
費用は掛かりましたが、交換の必要がなくなったので、
良かったのかなと思っています。
この費用も住宅ローンで賄うことが出来たので。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。