築年数は大事

築年数は大事

築20年ほどの、ガーデナーズ新鎌ヶ谷を見に行く途中で
新築現場を通りました。
帰り道にも、二箇所ほど新築分譲現場がありました。

3月の中旬に売り出しているのは、
苦戦しているのかも知れません。

分所現場の近隣には、同じような家が多数建っています。
地主さんが、売りに出した土地に建売業者さんが
建てて売っているのだと思います。

この辺りは、梨の畑が多い場所で、
住宅地に転用された場所も多いです。

地主さんが所有する、母屋と
大きな土地が開いている場所が多数あります。

私の家が建てっている場所も、
元々は地主さんの土地。
位置指定道路と開発道路で
住宅が達ち並んでいます。

家の北側は、開発道路で
既に市に移管済み。
奥に大きなアパートが2棟建っています。

私の買った二世帯住宅は、築10年が過ぎました。
隣の家は、新築です。
反対側の隣も、築1年くらい。
グーグルマップの空から画像は、空き地です。

周りが新築だと、きっちり手入れをすれば、
同じくらいの築年数に見えるのではと思っています。

光触媒外壁なので、陽が当たる南側は良いのですが、
その手前の門扉や駐車スペースが黒ずんでいて、
築年数を感じてしまいます。

その前に住んでいた定期借地権付き住宅の分譲地は
築15年が過ぎました。
外壁リフォームは数件行っています。
50年の定期借地なので、早めにメンテナンスをしているのだと思います。

築20年と築15年の街並みの違いは、
道路と駐車スペースの経年劣化の度合いです。

土地の広さが違うので、単純比較は出来ません。
植栽の樹々が大きくなりすぎていると、
年月を感じる度合いが大きくなります。

建物は、メンテナンスの状況にもよりますし、
デザインの違いも大きいです。
タイル貼り外壁は、劣化が目立ちません。
白い外壁は汚れが目立ちます。
ティンバーなどの飾りは、
黒系のものは、焼けて変色が目立ちます。

屋根材はカラーベストが多かった、
ガーデナーズ新鎌ヶ谷ですが、
色飛びは目立ちませんでした。

既に、解体している区画が1区画ありました。
後30年間、定期借地権の期間がありますが
どのように経年変化していくのか、注目したいと思います。



1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。