新築住宅の坪単価は上昇しているので中古住宅を選ぶ

新築住宅の坪単価は上昇しているので中古住宅を選ぶ

本体坪単価 2008 2016 差額
三井ホーム 82.9 95.9 13.0
住友林業 75.0 95.0 20.0
旭化成ホームズ 80.0 93.0 13.0
積水ハウス 73.0 88.8 15.8
大和ハウス 71.8 85.3 13.5
積水化学 74.3 82.2 7.9
パナホーム 68.9 81.7 12.8
ミサワホーム 69.5 74.0 4.5
住宅産業新聞のデータの比較です。
仕様の違い、設備の違いもありますが、
新築住宅の坪単価は上がっています。
2008年の築10年くらいの物件と比べて、2割近く上がっている
メーカーが多いのです。

40坪の家で坪90万円なら、3600万円の住宅です。
10年前の、坪75万円なら、3000万円です。
スムストックと呼ばれる、メーカー住宅の査定方式でも、
築10年は、新築時の51~68%目安です。
1600万円だとすると、新築住宅より、2000万円安いことに。

私が購入した物件を計算すると。
57坪で73万円だと4161万円
新築時の48%で購入していることになります。

新築で建てた場合は、5000万円を超える計算になります。

今のメーカー住宅の坪単価は、高いので
中古住宅との価格差は大きくなっています。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。