住宅は最初に購入する財産である

住宅は最初に購入する財産である

長い人生において、資産形成が必要と考えているなら、
最初に所有すべき財産は、『住宅』だと思います。

私自信、賃貸住宅に住んだことはありますが、
自分で家賃を払ったことは、ありません。

親元で暮らしていたか、
借上寮等の給与住宅でした。


預貯金がまったくない状態で購入することはお勧めしませんが、
ある程度の貯蓄が出来たり、
継続して安定した生活ができるようになれば、
無理のない範囲で、最初の住宅を購入すべきです。

結婚をする時に、給与住宅を出る必要があり、
私の場合は、20代で、
長く住む可能性があったので、
新築マンシヨンを購入しました。
当初、10年間住んだ後は、
賃貸に出し、25年のローンの大半は、
入居者が払ってくらたことになります。

今なら、建物の経年劣化による、
価値減少リスクの少ない、戸建て中古住宅を
選んだかも知れません。

結婚当初は2人暮らしなので、
広い住宅を必要としないことから、
マンションを選択しました。

購入時の負担の少ない、中古マンションか新築マンシヨンか
考えましたが、20代購入するなら、
より長く使える可能性のある新築マンシヨンを選んでいます。


資産形成のセオリーは、
不動産、有価証券、預貯金等
特性の異なる商品にバランス良く配分することが重要になります。

その最初の一歩として、自分が住む為の住宅を取得することが、
資産形成の上では、大切なことだと思います。



住宅購入に伴う不安を解消するには



住み替えを前提に購入することが一番重要なことです。

夢のマイホームでは無く、現実に暮らす場所です。
現在の経済状態にあった家を選べば良いのです。

永住しようと考えずに、売りやすい、貸しやすい住宅
わ選ぶことが重要になります。



ローン支払いに見合う賃料収入を得られる住宅を選ぶ

家賃 = 住宅の価値

賃貸を借りる場合は家賃を支払います。
家賃が取れるということは、その賃貸住宅に価値があると言うことです。

購入した物件を、他の人に貸した時、
ローンの返済額と同じ金額で貸せる住宅を購入すれば良いのです。

ローンの返済は、金利と元金を
返済期間の間、払い続けます。

低金利の現在では、元本返済が早いスピードです。
購入した物件も、経年劣化で
価値が減少していきますが、
それより早いスピードで元金が減れば良いのです。

戸建て中古住宅を購入することは、
経年劣化で価値が下がった住宅を購入することになります。

購入物件の
土地と建物のウエイトで、
建物のウエイトが下がり、経年劣化で価値が下がるスピードが落ちます。

建物の価値の減少は、
建ててから5年程度までが、一番早く。
10~15年程度まで、ある程度のスピードで下がって行きます。
設備の劣化のスピードが早いため、
そのように評価されることが多いのです。

エリアにもよりますが、
築10年前後の戸建て中古住宅を購入した場合。
新築と同じ、35年ローンでは無く、
経過年数を考慮した、25年の返済でも、
相場家賃より、低い金額になるケースが多いのです。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。