住み替える為のキャッシュフロー

住み替える為のキャッシュフロー

大学生の娘の通学、嫁の両親の高齢。
二世帯住宅に住み替える、
メリットは色々ありましたが、
お金の計算。返済を含めたキャシュフローが出るかが重要です。

住み替え前
・マンションのローン150万円
・マンションの管理費 25万円
・住宅ローン    150万円
・定期借地 地代   34万円 
・子供の学費    220万円

・合計 返済359万円+学費220万円 579万円   

住み替え後
・住宅ローン    220万円
・子供の学費     90万円
・マンションの管理費 25万円

税金の減額
・住宅取得控除    20万円
・扶養控除増額の為  23万円

税金を考慮しないで、 返済114万円+学費130万円 合計 244万円
税金分を入れると、287万円改善です。

マンションのローンが終わった後、
定期借地の底地を買い取ることを考えていました。

今回の住宅ローンは20年。
返済は、10年近く伸びていますが、
土地の取得費用より、安い金額です。

マンションの管理費は、払い続けますが、
家賃収入は、そのままプラスの収入になります。

住み替えなくても、
マンションのローンは終わります。
学費も減るのは、一緒です。

底地を買うことで、ローンの組み換えをしたかも知れません。

色々な可能性は、ありますが、

住み替えする時点で、マンションのローンが終わること、
子供の学費が半分以下になることが゛、
重要なタイミングでした。

ローンが伸びています。
完済予定年齢は72歳です。

住み続けるなら、10年くらいのタイミングで
キャッシュフローが改善された分の預金で、
繰り上げ返済も視野に入れます。
ローンの返済額と同じくらい改善しているので、
10年後には、全額返済出来る計算です。

建物を小さくした、サイズで住み替えることを前提にしています。
資金繰りが苦しくなれば、
貸しているマンションに戻ることも出来ます。




1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。