中国人の投げ売りで日本の不動産は大暴落

中国人の投げ売りで日本の不動産は大暴落

日刊ゲンダイDIGITAL
榊淳司さんの記事

「例えば、東京の日本橋馬喰町近辺では『駅徒歩1分』の新築マンションが数物件同時に販売され、壮絶な値引き競争を展開しています。中央区の日本橋エリアは坪単価400万円前後が当たり前なのに、馬喰町周辺だけは販売価格が表面的にも坪単価300万円台前半と低く、実際は値引きされて坪単価200万円台後半という物件もあります。それが“爆買い”してきた中国人の投げ売りによるものか、今のところハッキリしていませんが、すでに“値崩れ”が一等地の一部で始まりつつあるのは紛れもない事実です」

新築の物件の販売価格や値引きの原因が、
中国人の投げ売り????


新築マンションの販売と中国人の投げ売りが何か関係があるのでしょうか。

日本橋エリアのマンション、販売中のモデルルームに何回か
足を運んでいます。
地上げが不完全で、古い建物に囲まれた物件もあり、
低層階については、高い金額では、販売出来ない物件もあります。

競合物件も多く、他社の動きを見ながら売出している感じでした。

都心部、湾岸地域の物件が、弱含みになっている。
新築マンション全体の売れ行きが落ちているのも事実だと思います。

『投げ売り』『暴落』

こんな言葉が大好きな、メディアも多いようです。

金利の動向次第では、大きな調整局面を迎えるときもあると思います。
人口が減っていく中で、物件の新規供給は続いています。
適正なスクラップ&ビルドが必要になっています。

選ばれる地域と選ばれない地域。
マンションや戸建ても、
リフォームするのか、建て替えるのか。
選択肢は広がっています。

一方向に向かうのでは無く、複雑な方向性。
不動産に関する局面は、
今までにない状況に変化しているようです。



1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。