マイホームの常識を捨てる

マイホームの常識を捨てる



この本の第5章 空き家をどう考えるか

空き家問題について、これまでの不動産をめぐる常識について書かれています。

高度経済成長期は、インフレ社会で、
土地・不動産価格は上昇。
買い換えるだけで、より広い物件に。

バブル崩壊以降は、
20年近く不動産価格は下がり続けていたため
長く住める物件を35年ローンで払う方が増えたそうです。

これからの、少子高齢化の時代は
生活スタイルや家族の変化、成長にあわせて
住み替えて行くのが合理的な時代といっています。

10年ごとのライフイベントに合わせて住み替える。

私の場合も
マンシヨンに11年、定期借地権付き住宅に14年、
そして二世帯住宅に、
25年間の間、マンシヨンに住んでいたのが11年、貸していたのが14年。
ローンを返し終わりました。

こんなスタイルも主流になるのでは。

二世帯住宅、10年くらいで住み替えることを前提に
購入をしています。
住宅取得控除をフルに使う形です。




1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。