実質負担金利は

実質負担金利は

借入金額 4140万円 金利0.625%  258,750円
ローン保証料をプラスすると、341,550円

ここから、住宅取得控除分をマイナス200,000円。

年間返済額が220万円。
1年経過すると、金利は25万円より、少ない額になる。

ざっくりの計算だけど、
元金が1年で195万円減っていきます。
5年で975万円減る計算。
4140万円ー975万円=3165万円 金利197,812円

5年経過した段階で、実質金利は、ほぼ0になる計算です。

嫁の実家の売却資金を
自己資金に充当すると、初年度から0です。

仲介物件の場合、消費税8%の負担が無い分、
住宅取得控除の金額は、半分になりますが、
金利が安いと、実質負担が少なくなります。

物件の購入金額が、
二世帯住宅では、普通の建物サイズなら、
借入は3000万円くらい。
この金利水準なら、実質金利負担は0近くになります。




1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。