住み替えと自己資金

住み替えと自己資金

住み替える場合、
色々な費用が発生します。

実際に住み替えて見て思ったのは、
先行払いで、出て行く支払いが多いことです。

ローンの条件によりますが、
新規の二世帯住宅については、諸費用込みで住宅ローンを組んでもらいました。

ローン実行時には、お金が戻って来ましたが、
先に立て替えた費用も多かったです。

現住居の売却決定前にローン実行をした関係で、
教育ローン・マンションのローンの完済を先に行う必要がありました。

また、自宅売却決済するまでは、
二重ローンになります。

12月のローンの支払額は、
二世帯住宅 348,761円
元自宅分  272,346円
定期借地  28,152円

約65万円の支払いです。

元自宅の
契約手付金が間に合ったので返済に問題ありませんでしたが、
売却が決まっていなければ、この分も自己資金で支払う必要があります。

自己資金を新たに購入する住宅に入れずに
住宅ローンで決済する場合でも、
現住居の売却・決済の時期が見えていない場合は、
物件購入金額の最低1割程度の自己資金は必要です。

金額の目処で言うと、500万円程度。

借入で賄えるところは、出来るだけ借入を行い、
手元資金は厚めにストックしておきます。

全ての決済が終わった段階で、余裕があれば、
住み替え先の住宅ローンを繰り上げ完済するのも良いです。

私の場合は、一年間くらいの返済額は、
その口座にプールして置きたいと考えています。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。