二世帯住宅実質0円

二世帯住宅実質0円

今回、購入した二世帯住宅の負担を計算してみました。

年間計算です

ローンの支払       220万円
(内金利20万、元金200万)
住宅取得控除        20万円
嫁の実家負担       100万円
マンション家賃収入     50万円
自宅売却益(10年)     50万円

実質負担額 0円

10年間だけ、所有すると考えると、
キャッシュフロー上、実質0円でした。

嫁の実家の負担分は、
実家売却の手残りから計算して、
10年間で負担してもらう予定の金額です。

それ以降は、もらえませんが。
実際、私が家計費として、渡していた金額を
もらうことにしました。


マンションのローンが終わったので、いただく家賃と
管理費・修繕積立金との差額分があります。

自宅を売却したことで、得た資金を
を10年間で均等に繰り入れた金額です。


嫁の実家の負担分でおおよそ半額

マンションからの収入は、家賃として継続してもらう場合。
売却すれば、一括で資金を得ます。
この分で四分の一。

自宅の売却差額を考えると 10年保有なら四分の一。

キャッシュフローの上では、
全ての返済分をカバーしてしまう計算です。



 

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。