60歳が基準か65歳が基準か

60歳が基準か65歳が基準か

会社の定年は、60歳から65歳に伸びています。
今後、更に伸びる可能性はあります。
60歳以降の収入は、それまでの7割程度に減らされる予定です。

住み替え後、
子供1人が大学を卒業したことで、キャッシュフローに余裕が出ています。
再来年には、2人目も学校を卒業するので、更に余裕に。

60歳のを最初のターゲット。
間に合わなければ、65歳を目指して、
老後資金を確保していきます。

給与所得からの積立・株式投資。
退職金の積み上げ。
不動産所得の積み上げ。
その他収入の確保。

インフレ、金利の上昇。
社会保険や消費税の引き上げ等
変動要素は多くありますが、
着実に積みあげたいと思っています。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。