15年間のキャッシュフロー

15年間のキャッシュフロー

65歳定年までの給与収入。
実際にはも60歳までの収入と
それ以降、65歳までは7割相当。

大きく、収入は減少します。

7割の収入になることを計算に入れて、
今後は暮らして行くことになります。

ベースとなる生活費は、
7割と考えて、3割部分は、積立・運用。
投資案件の繰り上げ返済に充てていくことになります。
自宅の返済部分は、生活費の中で考えて行きます。

収入の多い、60歳までの8年間。
借入のしやすい、55歳までの3年間。
フェーズとして、
52歳~55歳
55歳~60歳
60歳~65歳
65歳~67歳

15年間を考える上では、4っの期間
それぞれ違うフェーズがあると考えられます。

最初の3年間は、信用力を使って、
投資用不動産をある程度増やすことになります。
出来れば、3物件。家賃収入で20万円。
今の現状では、2物件なので、
54歳のうちに、もう1件取得出来る方法を考えます。
この2~3年の間に、
借入金を繰り上げて返済して行き、
借入余力を増やすして行く必要があります。

ソニー銀号の融資の審査状況を見て、考えて行きます。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。