金融機関からお金を借りる力

金融機関からお金を借りる力

住み替えをする時に感じたのは、金融機関から信用力。
お金を借りる力です。

住み替える前は、
定期借地権のローンの他、
以前の自宅のマンションのローン、
教育資金のローンを借りていました。

今回融資を受けるにあたり、
定期借地権のローンを完済するのが、最初の条件でした。
この場合、売却を先にするか、
自己資金で、ローンの完済をする必要がありました。

最終的には、定期借地権ローンが残っている状態で、
マンションローンと教育ローン返済すればOKになりました。

返済余力があったため、可能になったことです。
売却完了後、定期借地権のローンは返済したので、
収益不動産を購入したいと考えています。

定期借地権のローンと同程度は借りられると思っていますが。


お金を借りる力

住宅ローンであれば、年収の40%とか
年収の5倍までとかの制限があります。

投資用物件の場合、家賃収入を考慮した上で、
年収の10倍・12倍が限度のようです。

お金を借りる力をマイホームに使ってはいけない


住宅ローンは投資では無く、消費???
マイホームは消費を優先するキリギリス???
ローンを投資に使うことをしないのはもったいない。

確かに、マイホームのローンを抱えていれば、
借入出来る金額は、減ってしまいます。
投資出来る金額が限られることになります。

しかし、住む場所は必要ですから、
自己資金で購入するか、賃貸で借りる必要があります。

自己資金で購入する場合
ある程度の資産を持っていることが必要になります。
働いてきた、所得を積み立てた財産で買うことになります。
現金預金を投資物件では無く、自宅の購入資金にするのが良いのか??
借入をするなら、条件が良く、住宅取得控除も使える、
自宅購入資金を借入するほうが良いと思います。

賃貸で暮らす
家賃がいくらの場所で暮らすのか。
家族のいる場合、ある程度広い面積が必要になります。
10万~15万程度の家賃を支払うのであれば、
キャシュフロー的には、変わらないと思います。


確かに、マイホームのローンは、消費的支出だと思います。
親元と同居するとか、他の人から住む場所を与えられない限り、
自分の所得から、家賃やローンを払う必要があります。

建物の減価償却分と金利は経費。
所有している人と、借りている人とに、
分けて考えれば、賃貸事業をしていると一緒です。

自宅はフルローン・投資物件に自己資金
投資物件は、金利と減価償却を経費計上出来ます。
なので、本来は、投資物件を借入にします。

住宅取得控除の還付は1% 借入金利は0.625%
限度額の制限はありますが、経費計上するより、
ローン控除のほうが良い条件です。

売却金額の差額で、手持ち資金が増えています。
このお金を収益物件の頭金として、利用することが出来ます。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。