知らないと損する生命保険のやめ方

知らないと損する生命保険の賢い「やめどき」と「やめ方」

週刊現代のネットのメディアの記事 ⇒ こちら

今年4月から、予定率利のもとになる、『標準利率』が
1%から0.25%に引き下げられました。

50代になると、定期保険部分の更新など、
見直しの機会が増えてきます。

私は、54歳満期の定期保険特約付きの終身保険に入っていました。
後2年なので、そのまま満期を迎えようと思っていましたが、
特約部分の更新費用が必要なので、
詳しい話しを聞いてみると、
特約部分の解約だけで、返戻金が35万円あることがわかりました。
満期に近づく減ってしまうので、すぐに解約することが、
返戻金を多く受け取れることがわかりました。

定期保険と入院特約等を外し、月額も8000円近く減り、
終身部分の支払いは、2866円です。

定期保険の保険料は低額を収めていますが、
死亡する確率は年齢が上がるほど高くなります。
年齢が高い時期には、本来高い保険料を払う必要があります。
定期保険の特約部分にも、返戻金が貯まっていたのです。

その分を解約するだけで、35万円をもらいました。
終身保険分の返戻金145万円は残したままです。

この部分は、年3.6%ずつ
払込満了後も増えていきます。
450万円の終身保険でも、満期時には153万円しかなく、
60歳 189万
65歳 222万
70歳 260万
75歳 290万
80歳 330万
85歳 365万
90歳 390万
95歳 410万
と30年以上掛けて増えて行きます。

今年の春に長男が就職したので、定期保険の必要性が低くなりました。

実際にはね自宅ローンを借り換えので、4000万円団体生命保険があります。
収益不動産を購入するので、さらに2000万円近く団体生命保険が増えます。

借入が増えれば、定期保険は不要になるのです。

年齢が上がれば、保険料は高くなります。
ローンを活用するのも、一つの方法です。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。