持株会 60歳時点の残高

持株会 60歳時点の残高

定期借地権付き住宅の売却が終わり、
ダブルローンも解消しました。

支払いが楽になることを先回りして、
持株会、最高金額で積み立ていました。
3年間、引き出ししないと、追加奨励金が3%もらえます。
通常の奨励金が10% これだけでも凄いのですが・・・・・

この間、ざっくり計算した時、
配当金が凄いことになると気づきました。
今までも、30年以上持株会に入っていて、
2万株以上買っていますが、
住宅の取得等のため、貯まる前に売っていました。

配当の凄さに気づかずにいましたが、
今回、
持株会のシュミレーションをエクセルでやってみました。

月10万円 ボーナス30万円 年間180万円
奨励金は、積立額の10%
特別奨励金は、3年間引き出ししないと、積立金の3%

3年間では、540万円
奨励金 54万円、特別奨励金16万2千円

株価が 1800円で変わらないものとする
配当金は、今年の年64円で半期ごとに32円の配当で計算

特別奨励金を3回もらう、9年間の積み立て。
既に1年経過しているので、今から8年後の残高
私が60歳の時の残高になります。

半年後の配当は、税引き後約14000円。
これは、再投資して、持ち株が増えて行きます。

3年後は、持ち株が3510株に増えていて、配当約9万円
6年後は、持ち株が7330株に増えていて、配当が18.7万円
9年後は、持ち株が11487株 配当は30万円近くになります (半年分)

9年間の累積
拠出金 1620万円 (私が払った分)
奨励金  162万円
特別奨励金48.6万円
配当  約237万円
合計 2067.6万円
奨励金が凄いと思っていましたが、
9年間引き出さなければ、配当収入が上回ります。

60歳からは、配当収入だけで、年間60万円。

株ですので、価格が変動するリスクがあります。
6年くらいで、引き出す可能性もあります。
5000株を超えてくると、配当金額30万円近くに
1万株あると、家賃収入並になります。



1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。