不動産の頭金は税金が引かれた後の現金である




不動産の頭金は税金が引かれた後の現金である。

金持ち父さんシリーズの本です。
第十章 「幽霊所得」は金持ちの所得

この中で、10万ドルの物件を買うのに、20%の頭金が必要だとすると、
購入者は2万ドルを用意しなければならない。
この人が所得税区分40%にいる場合、3万5千ドルの勤労所得が必要です。
1万5千ドルを既に持っていかれたているお金ですが、
この2万ドルも借りることが出来れば、1万5千ドルは幽霊所得になる。

不動産を購入する時の自己資金部分は、
納税後のキャシュであることの自覚が足りていませんでした。

所得税は40%とまで、高くありませんが、
所得税20%と住民税10%と社会保険料を収めています。
同じくらい、政府や自治体に収めた後、残った現金を貯めたものです。

自宅を買い換えるときも、
出来る限り、自己資金を手元に残した状態で、購入しています。

投資用の物件の場合も、諸費用分は現金でしたが、
頭金部分は、非常に少ない金額です。

手元にある、現金部分は、税金を払った所得分なので、
もっとコストが掛かっていることを自覚したいと思います。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。