不動産の資産総額1億円突破

不動産の資産総額1億円突破

昨日契約した、ワンルームマンションの決済が完了すれば、
不動産の資産合計額が1億円になります。

25年前に購入したマンション以外は、
去年と今年に購入したものなので、
大半は借入金です。

年間450万円近く、返済していくことになるので
5年後、10年後は、
資産が大きく、増えている計算になります。

自己資金が少ない状態での、不動産投資は
キャシュフローが出ず、
購入した不動産の中に貯まる感じになります。

純資産は増え続けますが、
物件を売却しないと、現金が手に入りにくい
状況になります。

複数の物件の不動産投資を継続する場合、
給与収入を始め、
他の家賃収入や他の収入で
諸費用を払ったり、リスクに対応する必要があります。

空室時、家賃が入ってこない時は、
自己資金で対応する必要があります。
入退去時の修繕費用、固定資産税も
キャシュフローが出ていなければ、
他の収入が必要になります。

給与収入で、充分なキャシュフローを出すこと。
キャシュフローが出た分は、
繰り上げ完済するのが良いと思っていましたが、
金利分以上の運用では出来ません。

購入時の諸費用で、
1年分の賃料が消えてしまいます。
この分を含めた形で、利回り取れる物件であれば、
取得スピードを上げることが可能になります。



1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。