クローズアップ現代 生命保険特集

クローズアップ現代 生命保険特集

YAHOOニュースにも配信されていました。
東洋経済オンラインにも掲載されていた、

6月28日に放送されたNHKの「クローズアップ現代」
「保険値上げで家計直撃! 賢い見直し術とは」


保険の利用が向いているのは

★めったに起きないこと
★起こった時に経済的打撃が大きいこと
★いつ起きるかわからないこと

この3っの条件を満たすケースに入れば良いそうです。

住み替えが終わった後で、生命保険の見直しを行っています。

定期付き終身保険の定期部分を解約しています。
二世帯住宅に住み替えたことで、住宅ローンの借入が増えました。
団体信用保険に入った分、定期部分が不要になったからです。

現在は、来年まで、終身部分の保険料 約3000円を払っています。
この終身部分の保険は、4.5%利回りで今後も増えていく予定なので、
解約せずにキープします。

番組の中で説明されていた項目は、

●保険は固定費、所得も下がる可能性があるので、手取りの3%から5%に抑える
●保険の目的は家族の為、それとも自分の為かはっきりさせる

保険の大切な役割は、今ままでと変わらずあると思います。
低金利の影響は、とても大きいのでが現状です。
販売されている商品の中には、手数料が高い商品も多いのです。


1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。