住みかえ支援機構

JTI 移住・住みかえ支援機構



住宅資産を売却することなく、活用出来る。



賃料保証で終身借上げ





インターネットでサイトの存在を知り、



問い合わせをしてみました。





利用の条件



日本国内にある住宅をお持ちの50歳以上



住宅に一定の耐震性が確保されていること。





この2つが条件になります。



年齢要件の緩和



2009年8月より、

マイホーム借上げ制度の年齢要件を緩和する

「定期借地権特例」があります。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

賃料査定書が届きました
住みかえ支援機構 賃料査定書 査定の日付は、3月19日でした。 時間が掛かりますとは、言っていましたが・・・・・ 移住・住みかえ支援機構の受付印が4月15日 そこからは、二週間くらいです。 近隣賃料相場 125,000円 前後
担当不動産会社からの電話
担当不動産会社からの電話 住みかえ支援機構から派遣されている、不動産会社の方から、 電話がありました。 家賃の査定の他に、売却する場合、どのくらいの金額になるか? 一緒に提案していただくことにしていました。 電話の内容は、 私の建物
住みかえ支援機構 査定
住みかえ支援機構 査定 先日、約束した、住みかえ支援機構が依頼されている、 千葉県津田沼のT不動産の方が、 本日、自宅にお見えになりました。 まず、用意していた書類を渡して、確認。 玄関前で話していましたが、 図面を見ながら、 玄関の
二地域居住
二地域居住 移住をする前に。 会社勤めの最中は、通勤に便利な都心に住んでいる。 定年近くになった頃から、 もう一つ部屋を借りてみる。 なんか、単身赴任のような。 住みかえ支援機構の住みかえ通信に載っていた事例では、
住みかえ支援機構 面談書類
住みかえ支援機構 面談書類 50代になってから、使える住みかえ支援機構。 近隣の不動産会社から連絡があり、 物件の確認と、詳しい説明をしたいと 連絡がありました。 その時の必要書類 平面図 立面図 確認申請許可書 この三点を
50代 住みかえ支援機構
JTI 移住・住みかえ支援機構 住宅資産を売却することなく、活用出来る。 賃料保証で終身借上げ インターネットでサイトの存在を知り、 問い合わせをしてみました。 利用の条件 日本国内にある住宅をお持ちの50歳以上