ひとつの電気メーターにエコキュートが2台

ひとつの電気メーターにエコキュートが2台

スマートライフプラン申し込みしました

二世帯住宅は、オール電化住宅で、
エコキュートが2台設置されています。

SRT-HPU604 + 460L貯湯タンクユニット (38万円+75.5万円)
SRT-HPU454 + 370L貯湯タンクユニット(23万円+55万円)


ピーク電力に基づくご契約で

契約電力は、使用した30分ごとの電力量によって決定
30分ごとの使用電力量のうち、月間で最も大きい値の2倍を最大需要量として契約
基本料金 1KWにつき 450円

深夜時間帯 (1時~6時) 17円46銭
それ以外         25円33銭

エコキュート2台、深夜時間帯、
それぞれ、別の時間帯にお湯を沸かしたい。

夏場は、2~3時間で沸かせるそうです。
1台は1時スタート、もう1台は3時か3時半スタート。
こんな感じでずらした方が良いのかも知れません。

ピーク電力量を抑えるためには、
大事な試みになりそうです。

東京電力に確認したところ、既にスマートメーターは設置されていて、
電気の供給契約は、一つの契約でした。

どんな料金になるのか??
不安と期待です。

確認しないと、1階、2階
どちらの容量が多いのか???

2階が容量が大きかったのではと予想していますが、
お風呂の大きさは、1階の方が大きいサイズ。

お風呂以外のお湯の使用はどのくらいなのか。

引き渡しの9月は、
エアコンの使用頻度は低くなり、
お湯の暖め時間も、まだ短い時期です。

スタートの
タイミングとしては、調度良かったのでは。





1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。