坪井東定期借地権付き二世帯住宅

坪井東定期借地権付き二世帯住宅


https://suumo.jp/chukoikkodate/chiba/sc_funabashi/nc_89388267/



SUUMOを見ていたら、定期借地権付き住宅の二世帯住宅を見つけました。

価格
2980万円 ※権利金含む300万円

間取り 4LDK+S(納戸)

土地面積
202.78m2(61.34坪)(登記)
建物面積
175.55m2(53.10坪)(登記)
道路
南9m幅(接道幅13.1m)

完成時期(築年月)
2006年1月

定期借地権残存期間 
37年2ヶ月 賃料 月68,114円

底地買取価格 30,417,000円

所有権土地建物総額 61,217,000円
三井のリハウスには、このように書かれていますが
保証金の300万円を引くことが出来るはずです。

東葉高速鉄道 船橋日大前 徒歩10分

建物価格は、2680万円 坪単価 50.47万円
築12年のユニバーサルホームです。


立地の違いはありますが、
我が家の二世帯住宅と同程度の広さのものが、
価格で言うと、1.5倍。約2000万円近い開きがあります。

所有権で買うことが出来る、定期借地権付き住宅ですが、
月々地代が7万円近い物件は、簡単に購入出来ないと思います。
建物ローンが終わっても、定年後の年金生活のなかで、7万円。
普通の借家の家賃と変わらないくらいです。

マンションの管理費と修繕積立金・駐車場代で3万円くらい。
定期借地権付き住宅の地代もこれくらいまでかなと思っています。

人生80年時代であれば、50年の定期借地権付き住宅も良いのですが、
人生100年時代だと、80代に定期借地権期間が切れる物件です。
その後の暮らしを考えて、私は所有権に住み替えています。

30代の給与が少ない時期は、定期借地権付き住宅のメリットは大きいですが、
定年退職後を考えると、所有権のメリットは大きいです。
後は金利にもよります。
今の低金利だと、定期借地権付き住宅のメリットは小さくなります。
地下が下がっている地域であれば、値下がりリスクを下げるので
どんな時期でも、メリットはあります。
1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。