二世帯住宅の世帯割・部屋割り

二世帯住宅の世帯割・部屋割り



玄関は、ひとつ。
写真で見ると、真ん中の階段で2階へ
左側に洋室がひとつと風呂と洗面・トイレ。
右側は、洋室とリビングダイニング。

2階には洋室3室とリビング・ダイニング。
洗面・トイレ・お風呂。

売主は、1階親世帯2名、2階に子世帯4名が住んでいたようです。

私の場合。

現在、嫁の実家に
嫁の父・母。嫁と子供2名の5名が住んでいて、
私が現住居に1人で住んでいます。

二世帯住宅の同居なんですが、
私と嫁家族といった同居スタイル。

部屋の位置については、
1階左側奥。北側の洋室を私は希望しています。

基本、誰にも合うことが無く、
帰宅が出来て、お風呂・洗面・トイレが使えます。
ミニ冷蔵庫と電気ポットかケトルがあれば、
ワンルーム+洗面・お風呂で生活出来ます。

正直、同居については、自信がないので、
自分専用スペースをキープして過ごしたいと思います。

食事のサービスは、週2回くらい希望を出してみます。




1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。