購入時に売却時の築年数を計算する

購入時に売却時の築年数を計算する

自宅を購入する時もそうですが、
常に売却することを頭に入れて、購入しています。

自宅の二世帯住宅は、
10年前後で売却することを計算して購入判断をしています。

ワンルームマンションの場合は、
自分で住む訳ではないので、
より、データ重視になり、購入時の築年数を意識します。

ワンルームマンションの融資は、
耐用年数の47年を意識しています。
経過年数の2割は割り引いて考えられるので、
49-築年数で借入期間が決めている金融機関が多いです。

長期譲渡所得とするためには5年後の売却を意識します。
私の場合は60歳になる、7年後と
65歳になる、12年後を考えて購入することになります。

平成21年・22年の物件の場合、
5年後・7年後に売却する場合でも、
新たな購入者は、35年のローンが組める可能性が高くなります。


築年数は意識していますが、
私が購入する時に使えるローンの期間は27年。
同じような、条件の方が購入するかも知れません。



10年経った時、選ばれる物件か
これからの人口の減り方は、
加速度を付けるようなイメージを持っています。
高齢化も進み、空き家が増えると予想されています。

都心部のワンルームマンションを購入していますが、
10年後にも、住みやすい立地を意識する必要があります。
選ばれる立地。
比較的、競争がすくない立地を選ぶ必要があると思っています。

20平方メートル前後の
ワンルームマンションが多い中、
バス・浴室・洗面化粧台が別れた物件を意識しています。
23~25平方メートル無いと、
分けるのが難しいので、少し広めの物件を出来るだけ選んでいます。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。