ふるさと納税と不動産所得

ふるさと納税と不動産所得

ふるさと納税の問題点
・自己負担は2000円ですが、戻ってくるまでに時間が掛かる
・ある程度まとまった資金が必要
・毎年継続しないと、住民税が上がったように感じる

昨年2016年のふるさと納税は12万円。
確定申告で118,000円の寄附金控除の申告。

所得税で23,600円と復興特別所得税で495円の還付。
住民税の減額が93,605円、月々7800円の減額です。

今年は、所得税が下がることが予想されています。
・買い替えた自宅の譲渡損失
・ワンルームマンション購入の諸経費
この2点が、
所得税の課税金額を大きく下げそうなのです。

譲渡所得のマイナスが200万円くらい
ワンルームマンシヨンの諸経費が、
概算で60万円×6戸 360万円

大きな所得のマイナスがあるので、ふるさと納税がしにくいのです。

所得税が少なくなれば、住民税も減ります。
今年のふるさと納税は、限度額の計算が難しいので、
決断出来ずにいます。

1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。