50代住み替え 実家の売却と二世帯住宅

実家の売却と二世帯住宅の購入

一括査定を依頼してから約1年、住み替えが終わりました。

⇒不動産一括査定 イエウール
⇒O-uccino(オウチーノ)

複数の不動産会社にアプローチ出来るシステムはとても便利です。



20代 新婚当時に買ったマンションには10年ほど住みました。
子どもたちが、小学生上がった頃
定期借地権で土地を借りて、新築住宅を建てました。

それからこの3月で15年。
50代で、二世帯住宅に住み替えました。


住み替えに必要な作業は

・定期借地権付き住宅の売却か賃貸
・嫁の実家の売却
・二世帯住宅の購入

その関連の作業として
・住宅ローンの申し込み
付随して
・マンションローンの完済
・教育ローンの完済

契約書の締結は、
不動産売買契約書だけでも3つ
ローンの繰上げ完済が2つ
抵当権の抹消手続きが3つ
抵当権の設定が1つ

労力も費用も掛かりました。

1年間掛かった、住み替えですが、
大人6人、
一つ屋根の下で不自由なく暮らしています。


二世帯住宅への住み替えの理由

当初は、定期借地権付き住宅の売却からスタートしています。
子供が嫁の実家から学校に通うようになり、
子供達と嫁は、実家住まいになりました。

1人で住むには、広すぎるで売却して
賃貸住宅を借りるつもりでいました。

すぐに、購入希望者が見つかりましたが
価格の交渉があり、条件的に折り合いが付きませんでした。

その頃、
売却をお願いしていた不動会社の物件に
嫁の実家から5キロくらい場所に二世帯住宅の
売却物件が出ていました。

嫁に話したところ、この場所なら大丈夫ということになり、
二世帯住宅を衝動買いに近い形で購入することにしました。

巡りあわせ、引き寄せの世界かも知れません。



嫁の実家を売却することに

築30年の嫁の実家。
雨漏れが度々発生していました。
手を入れて、直す時期でも無く、
売却するこにしました。

二世帯住宅購入するので、更地にする費用も時間もないので
さてオクさんにお願いして、買取業者を探してもらいました。

建売をするのに、調度良い敷地だったので、
すぐに買主が現れ、契約が進みました。

広い敷地では無いので、
新築希望者が買うには時間が掛かる土地でした。
建物の解体費用も掛かるので、すぐに買主を見つけるは
大変だったと思います。

築年数の古い、実家の売却には、さてオクさんのような
買取業者を探してくれるシステムは便利だと思います。


二世帯住宅のローン

二世帯住宅のローンはすぐにOKが出ました。
定期借地権付き住宅ローン完済が条件でした。

価格を下げれば、すぐに売れるのはわかっていましたが、
残債を後から返済することで、
ローンの承認を取れるか、再度折衝しました。

承認が取れましたが、付いた条件が
マンションのローンの完済と教育ローンの完済でした。

これは、自己資金を集めて、なんとか完済することが出来ました。



定期借地権付き中古住宅の売却

夏の間、動かなかった売却活動ですが、
二世帯住宅の引越し前後から、
具体的なお客様が増えだしました。

11月に入ってから、条件折衝を行い、
当初売り出し金額から50万円の値引きで
契約を締結することが出来ました。


定期借地権付き中古住宅の引き渡し

2月末 代金決済が終わり、
売却代金をいただくことが出来ました。

売り出しを検討してから、完了まで1年間掛かりました


住み替え物件のパターン

売り先行でスタートし、結果的には買い先行になりました。
ダブルでのローンが通ったのが大きかったです
嫁の実家の売却が決まっていたので、
定期借地権付き住宅のローン残債も返せる状態にはなっていました。

二世帯住宅を買う時には、一度お客様が付いていて、値引きを了承すれば
契約できる状況でした。
200万円ほどの値引き要請でしたが、
その金額をもとに、資金計画を建てて、
二世帯住宅を購入する決断が出来ました。


手続きも大変ですが、諸費用もかかります

単純な住み替えだけでも、売り買いがあり大変ですが、
実家の売却もあったので、手続きは更に大変でした。

諸費用も掛かります

====================================



買った家、マンション、不動産。

いずれは、処分する時期がやってきます。

それは、自分が死んだ後かも知れません。
その前に住み替えて処分する可能性もあります。

年齢が上がると広い家が必要では無くなります。

子世帯との同居となると、もっと広い家が必要になったります。
購入したマンションや住宅が広さ的に調度良いと感じるのは10年程度なのかも知れません。






家売る=イエウール
⇒不動産一括査定 イエウール

はじめて家を売却する方でも、安心して査定を依頼できるサイトです。
売却まで、時間がかかる不動産ですが、確実に売却完了までナビゲート。
初心者でも安心してスタートすることが出来ます!

一括査定をした後は、担当者と、しつかりした打ち合わせ。
不動産売却に関する疑問点も、的確な回答が得られます。

大手不動産会社に依頼する場合でも、安心出来ない状況が報告されだしました。
週刊ダイヤモンドの記事で話題になっていますが、囲い込みの問題です。
特定の不動産会社の平均手数料が5%を超えています。
仲介手数料は3%+60000円です。
かなりの取引が両手取引になっているのです。
両手仲介とは、売主だけでなく、買主の取引も仲介することになります。

見込み顧客を大量に抱えている、お客様を集客出来る大手不動産会社だから
出来る側面でもありますが出来る事であれば
(売主)自分だけの担当であって欲しいですね

イエウール

一括オンラインサイトはこちら

★簡単入力   60秒
☆住所から無料依頼
☆郵便番号から無料依頼

一括オンラインサイトはこちら



イエウール不動産の査定フロー


1.不動産情報入力

2.一括査定依頼の結果が各社から到着

3.査定結果をじっくり比較

不動産の査定は、高い金額を出した会社が良い会社ではありません。

業者が、その金額で、買い取ってくれるのであれば、高い金額で良いのですが。

仲介業務の場合、お客様を探して買っていただかなければなりません。
買う方が、その物件を見て、気に入り 金額も納得出来る価格であることが大事です。

金額が、相場より高いと感じる金額であれば、買い手がつきにくくなり、
売却に時間がかかります。

付近に同じ様な条件の物件が出ている可能性もありますので、
自分の物件だけ、高く売れる可能性は低いのです。

査定金額の根拠をしっかり明示し、
最近の取引事例も含めて、しっかりと説明をする業者さんが、
私は、良い不動産業者さんだと思います。


1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら





1位 イエウール

WEB申し込みはこちら

簡単60秒入力
最大6社の一括査定
対応地域が広いのが特徴

CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など

WEB申し込みはこちら

2位 イエイ

WEB申し込みはこちら

これまでの利用者数は300万人を突破

他の一括査定サイトに比べ、不動産会社の提携基準が厳しい。

厳選された不動産会社に査定依頼したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

3位 RE-Guide不動産(旧SBI不動産)

WEB申し込みはこちら

400社以上の不動産会社が参加
売却物件の地域を選ぶと、査定依頼可能な不動産会社のリストが表示されます。
大手不動産会社を中心に依頼されたい方にお勧め

WEB申し込みはこちら

4位 スマイスター

WEB申し込みはこちら

800社の中から不動産査定依頼が出来る

全国査定依頼件数ランキングを掲載

マンションの口コミ情報等関連サイトが充実

WEB申し込みはこちら

5位 O-uccino オウチーノ

WEB申し込みはこちら

全国500社の不動産会社が対応

不動産売却に関するお役立ち情報が充実
・これだけは知っておきたい基礎情報
・納得の条件で売るためのノウハウ
・見逃しがちな売却時の費用

都心部の物件を売却したい方にお勧め

WEB申し込みはこちら